現状復帰にかかる費用|借りたなら筋を通そう

作業員
このエントリーをはてなブックマークに追加

敷金を払う前に知りたい

工具

修繕すべきこと

原状回復にかかる費用を抑えることができれば、貸借人の手元に返ってくる敷金が多くなります。貸借人が原状回復で修繕すべきポイントは、国土交通章の設けたガイドラインによって定められていますので、不当に請求されていると気づいた場合は抗議しましょう。人間が一つの住まいで暮らす以上部屋は経年劣化していくのが普通です。借りた当初と同じような室内にすることはできませんので、原状回復とは過去と同じ美観を取り戻さなくても良いのです。例えば家電製品を設置することで壁にできる電気焼けは原状回復の範囲内に入らないと定められています。

住人の担う義務

賃貸物件は住人が好きなように転居できるのが魅力です。こうした住まいで暮らす際は、できるだけ室内の設備を破損しないようにしましょう。賃貸は自分の後に次の住人が入りますので、故意で壁や機材を壊していた場合は修繕費用を支払う必要が生まれます。転居する時は家主と一緒に室内の最終チェックを行い、破損箇所を確かめるのです。賃貸住宅の貸借人が背負うこのような義務を「原状回復」と言います。住まいを原状回復する必要が生まれた場合、入居する時に支払った敷金からお金を捻出します。また、自分で原状回復をするのは難しいので、専門業者にお願いするのがいいでしょう。業者は依頼があれば、すぐに実地調査に来てくれてどのような工事が必要なのか判断してくれます。加えて、その場で見積もりを出してくれるので、どのくらい費用がかかるのかを事前に把握できるでしょう。