現状復帰にかかる費用|借りたなら筋を通そう

作業員
このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい入居者を迎える

空き部屋

スピーディーな対応

マンションやアパートの入居者が退去した後、そのまま入居者を募集しても、畳が色褪せていたり壁が傷んでいると、どんなに良い環境でも誰も住む気にはなれない。入居者を集めるには「現状回復」をしたきれいな状態で賃貸情報紙やサイトに掲載するのが一般的である。現状回復は、いつおこなうかタイミングも大切だが、それ以上に肝心なのが業者選びと言われている。空き家状態が続くとその間の賃貸料が入らないので、すぐに募集をかけるためにも対応がスピーディーな業者を選ぶべきだ。また、いくら早くても作業が雑では依頼した意味がないので、作業が丁寧で信頼性がある業者を利用するためにもインターネットの口コミの評価を参考にすると良い。

費用が異なる

「現状回復」を依頼することは、アパートやマンションの老朽を防ぐことにもなるので必要不可欠である。また、業者の接客や電話の対応が親切であることも現状回復を利用するときの大切なポイントだ。接客や電話対応が良いところは最初にしっかりした研修があるところが多く、会社全体の教育が行き届いている証でもある。そして、料金が高すぎず安すぎない業者を選ぶことも肝心で、相場がどれくらいか知っておくと良い。部屋の広さや壁や床のグレードによってもバラつきがあるが、だいたいトータルで30000円でおこなわれていることが多い。また、汚れがひどくて落とすまでに時間がかかったりコーティングを施すことになった場合、追加料金が発生することもあるので注意が必要だ。